卒業生による就職トークショー

本校の就職支援の一環として「卒業生による就職トークショー」
を開催しました。

今回は、金井大道具株式会社、シーンテック美術課の副部長兼美術統括としてご活躍されている、本校卒業生(造形科21期)大塚義紀様を講師としてお迎えいたしました。

大塚様は1992年に金井大道具株式会社へ入社され、主に国立劇場にて古典芸能の舞台美術に携わっておられます。現在も歌舞伎や文楽はもちろん、高級ブランドのファッションショーやTV番組のセット、コンサート等、幅広く制作されています。
学生たちには「一見まったく興味の無い世界やスタイルの中にも、自分のこだわりや美意識とシンクロする部分が全部入っている。そのことに気付く事が仕事をする楽しみにつながる」。「相手が喜んでもらえる要素と自分が好きだと思える要素が重なっている部分で仕事を探すことが大切。好きな事を仕事に」。と就職に不安を抱く学生達に先輩として大きなヒントを与えてくださいました。学生からの質問にも一人一人へ丁寧にお答えいただき、何事にも誠実に取組まれる姿勢は、職業人としての信頼性に裏打ちされているように感じました。貴重なお話をどうもありがとうございました。