人体表現演習

ファインアート科2年

鹿島 寛先生の授業です。

この授業では絵画造形専攻と版画専攻が履修します。
人体表現は太古の壁画表現の時代より、永遠のテーマともいえます。ここではモデルをみてその構造を観察しながら、絵画における平面の成り立ち方を考察します。
点・線・面といった基本的な絵画の手法からの構造と色彩と形態という複雑に絡み合った構造を探ることで、絵画の平面性と発展性を検証します。