1年生「銅版画1」

大沼正昭先生による1年生「銅版画1」の授業です。

版上に凹状のくぼみを作り凹部にインクを詰め刷りとる技法です。凹部を作る方法として、酸による腐食と直に刷り込む方法とがあります。凹部の深さによって黒の諧調が得られます。版を通して個々の表現の可能性を考えます。様々な技法を紹介し、版表現の可能性を探ります。