国際交流

本校では、創立時より国際的な視野に立って活躍できるクリエイターを育成すべく、国際交流展や海外人物交流を積極的に行っています。
国際交流を通して学生や教員が海外に出向き、あるいは海外から本校に留学生や作家、研究者を迎えて多彩な交流を行い、国際的なクリエイターが育つ場の構築に向け活動しています。

パリ国際芸術都市
(シテ・デ・ザール)

「パリ国際芸術都市」は1965年にフランス政府とパリ市が設立。美術、音楽、建築、演劇等、様々な分野の世界各地の芸術家のために設立された研修の場であり、国際的な芸術家の交流が生まれる重要な拠点です。創形はそのパリ国際芸術都市の使用を認められた数少ない学校のひとつで、専門学校として唯一、また美大でも数校しか許されていない権威のある会館で2060年まで使用が確定しています。

パリ賞

「パリ賞」とは毎年、卒業・修了制作で特に優秀な成績を収めた学生1名を選抜し、9ヶ月間「パリ国際芸術都市留学生」としてパリに派遣する賞です。帰国後にパリで制作した作品による展覧会「パリ賞帰国報告展」が開かれ、合わせて留学で学んだことを発表する特別講演「パリ賞帰国報告会」も行われます。

国際的グローバル感覚の育成

創形は国際的グローバル感覚の育成を目指して、積極的に国際交流に努めています。イタリア、メキシコ、ベルギーといった国々のアーティストの講演会やワークショップを開催し、フランスには留学生を派遣。また、世界各国の美術大学を卒業した留学生を受け入れています。

海外アーティストによる授業・企画展

2015年度も数多くの海外アーティストによる展覧会や授業が行われました。日本でも、雑誌やテレビ番組などで多くの方が一度は目にしているフランスで活躍中の漫画家クリスティアン先生のワークショップ

img_international4
img_international5

メキシコとの国際交流

創形美術学校は、特にメキシコの芸術大学や美術学校とは長きに渡り、さまざまな交流が行われてきました。2009年には本校にメキシコ大使もお招きし、国際交流展も開催されました。