就職支援について

創形美術学校では、3年間という限られた時間のなかで専門分野の修練はもちろんのこと、
就職に対しても戸惑うことなく対応できるように各種講座を開設して就職サポートを行っています。
また、少人数制の特徴を活かして教職員が普段からコミュニケーションをとり、将来についての不安や就職活動などの助言や相談を行っています。

求人情報

就職活動フォロー制度

創形では、就職希望者に対して卒業時から3年間の就職活動をフォローする制度があります。
卒業時に就職先が決まっていない学生はもちろん、一旦就職したものの、その後離職した卒業生に対しても
就職希望リストに登録すれば求人情報が届くシステムです。また登録した卒業生は随時、就職指導担当者による個別相談を受け付けています。
そこでは求人情報の提供のみならず、会社紹介も積極的に行ないます。
就職活動において、卒業後の3年間も安心できる制度です。

就職情報コーナー

就職活動全般の相談に応じるために、学内に就職情報コーナーを開設しています。
ここでは、求人票の掲示や資料が閲覧できます。

就職セミナー

就職セミナー講座

就活エキスパートと評判の講師を特別に招聘して講座を開設。就職活動に対して具体的な対策を聞ける貴重な場を用意しています。
また、各分野で活躍中のクリエイターをお招きして“就職”をテーマに、ご自身の就職活動の体験談や職業観、仕事に対する姿勢など、身近な体験談を交えた講座を行っています。

企業説明会

企業の担当者をお招きして、その業界の動向から企業、職種についての説明会を行います。

キャリアカウンセリング

ポートフォリオの制作

創形美術学校では在学中、継続的にポートフォリオ制作する指導を行っています。
創形の学生にとってのポートフォリオは単に課題の制作記録にとどまらず、社会にアプローチしていくうえで最も重要なプレゼンテーションツールとみており、
就職活動や展覧会などにも活用されます。

就職相談

希望者を対象に、就職指導担当者による相談の機会を提供しています。
就職活動におけるさまざまな疑問や心配事に対して、随時相談に応じています。

インターンシップ

インターンシップを経験することにより、専門知識についての実務能力を高めるとともに、学習意欲に対する刺激を得られ、高い就業意識を身に付けることができます。
さらに、将来の進路選択において自らの適性や能力について実践的に考える機会になります。
クリエイティブ業界の最新の情報を得られるとともに、会社が求める人材に対するニーズが把握できることも大きなメリットです。

※インターンシップとは在学中に企業などにおいて、自らの専攻や、将来のキャリアに関連した就業体験を行うことです。
※インターンシップは、希望選択制です。

仕事展

創形美術学校の卒業生はクリエイティブ業界でさまざまな活躍をしています。
卒業生達がどんな仕事をしているのか、ごく日常行われている仕事を垣間見る展覧会です。
アートやデザインのさまざまな現場において、創形で学び育った彼らがクリエイターとして、時代や環境の変化にも柔軟に対応しながら活躍するプロの姿をみることができます。
在校生にとっては仕事を身近に感じ、クリエイティブの現場をより深く知る機会になりますし、
また「仕事展」を通じて卒業生との交流を結び、就職や将来の仕事へのきっかけづくりにもなっています。