就職支援について

創形美術学校では、3年間という限られた時間のなかで専門分野の修練はもちろんのこと、
就職に対しても戸惑うことなく対応できるように各種講座を開設して就職サポートを行っています。
また、少人数制の特徴を活かして教職員が普段からコミュニケーションをとり、将来についての不安や就職活動などの助言や相談を行っています。

講座

色彩検定3・2級試験対策講座

文部科学省後援「A・F・T色彩検定」に対応した学科として色彩論を用意。
色彩の理論や実践力を身につけることで、多種多様な業界・分野における就職に有利になります。また、今後の活躍の世界も広がります。

【実績】
A・F・T色彩検定3級 2015年合格率 77.42%(全国平均 74.21%)
A・F・T色彩検定2級 2015年合格率 66.67%(全国平均 67.03%)

就職セミナー

各分野で活躍中のクリエイターを招き、自身の就職活動の体験談や職業観についてお話しを伺います。

求人情報

企業説明会

企業の担当者を招き、その企業や業界、職種についての説明会を行います。

就職支援コーナー

就職活動全般の相談に応じるために、厚生労働省が認可する無料就職相談所を学内に開設しています。
ここでは、求人票や活躍する卒業生の資料が閲覧できます。

キャリアカウンセリング

ポートフォリオの制作

創形美術学校では在学中、継続的にポートフォリオ制作する指導を行っています。
創形の学生にとってのポートフォリオは単に課題の制作記録にとどまらず、社会にアプローチしていくうえで最も重要なプレゼンテーションツールとみており、
就職活動や展覧会などにも活用されます。

就職相談

希望者を対象に、就職指導担当者による相談の機会を提供しています。
就職活動におけるさまざまな疑問や心配事に対して、随時相談に応じています。

インターンシップ

インターンシップを経験することにより、専門知識についての実務能力を高めるとともに、学習意欲に対する刺激を得られ、高い就業意識を身に付けることができます。
さらに、将来の進路選択において自らの適性や能力について実践的に考える機会になります。
クリエイティブ業界の最新の情報を得られるとともに、会社が求める人材に対するニーズが把握できることも大きなメリットです。

※インターンシップとは在学中に企業などにおいて、自らの専攻や、将来のキャリアに関連した就業体験を行うことです。
※インターンシップは、希望選択制です。

仕事展

創形美術学校の卒業生はクリエイティブ業界でさまざまな活躍をしています。
卒業生達がどんな仕事をしているのか、ごく日常行われている仕事を垣間見る展覧会です。
アートやデザインのさまざまな現場において、創形で学び育った彼らがクリエイターとして、時代や環境の変化にも柔軟に対応しながら活躍するプロの姿をみることができます。
在校生にとっては仕事を身近に感じ、クリエイティブの現場をより深く知る機会になりますし、
また「仕事展」を通じて卒業生との交流を結び、就職や将来の仕事へのきっかけづくりにもなっています。