2年生絵画造形専攻「絵画と物語」

山口藍先生による2年生絵画造形専攻
「絵画と物語」の授業です。


支持体と描画の関係性
平面絵画において、特に支持体が作品の内容にもたらす影響を改めて考え、実際の制作を通して描画との相互の関係性を探ります。
描こうとする題材(テーマ)を任意の物語や散文などの一場面に設定し、それを絵画作品として表現するために最も適した支持体を選び(あるいは作り)制作します。
作品 を構成するあらゆる要素に意味を持たせたり、それを伝えたりできると意識することで、作品制作において色々な角度から思考し掘り下げていくことにつなげていきます。