2年生絵画造形専攻「絵画材料実習」

工藤礼二郎先生による2年生絵画造形専攻
「絵画材料実習」の授業です。


絵画では描く行為の前にどのような支持体を準備するかによってその表現を大きく左右することになります。
この授業では近世以降、油画の支持体の中心をなしてきたキャンバスの製作や材料講義を通してそれらが表現に与える影響を理解します。

油性キャンバス(市販)の張り方から吸収性キャンバス(白亜地)
及び半吸収性キャンバス(エマルジョン)の製作を通して、顔料や膠など様々な材料に触れると同時に絵の具や溶き油の性質の講義も行います。